株式会社アイエステーは、防災を含む砂防技術のみならず、新たな技術分野(河川技術・道路技術・橋梁技術等)を拡充し、より地域に密着した総合建設コンサルタントを目指します。

技術リーフレット

技術リーフレット

  • HOME »
  • 技術リーフレット

アイエステー技術紹介(リーフレット)

1.二次元非線形逐次積分法による斜面の液状化解析技術

技術内容

液状化の算定においてFL法に加え、近年の安価で高性能なパーソナルコンピューターを利用し、斜面上の液状化現象の視覚化を可能にし、信頼性の高い検討の指標となることを目的とした。

  • 解析手法 : 非線形逐次積分法
    本解析法は、時間領域の解析法であり、入力地震動(加速度波形)を一定の時間間隔(時間ステップ)ごとに解析モデルに外力として与えて、その応答を逐次時間積分して求める手法である。
    時々刻々と地盤の応力‐ひずみ関係の非線形性を追跡して計算を進めるために、複雑な非線形履歴を反映した解析を行うことが可能であり、同じ時間領域の解析法として採用されることが多い等価線形化法と比べてより信頼性の高い検討ができると考えられている。
  • 非線形逐次積分法は大ひずみが生じる場合にも適用可能
    ただし、非線形逐次積分法では時間ステップごとに状態量を求めるので膨大な計算が必要である。

2.三次元地盤定常浸透流有限要素法解析技術

SEEPAGE3Dプログラム

技術内容

初めて浸透流解析を体験する技術者にも理解が容易であるように配慮した、三次元地盤中の定常的に浸透する地下水現象分析プログラムの開発。

  • 解析手法
    三次元場での支配方程式を偏微分方程式で表す。
    単位時間あたりの流量をそれぞれ与える。
    重みつき残差法を適用して有限要素で離散化する。
    要素剛性マトリックスというように弾性解析にならって同様の表現をした。
    反復法の一種であるICCG法(Incomplete Cholesky Conjugate Gradient Method; 不完全コレスキー分解前処理付き共役勾配法)を連立方程式のソルバーとして採用した。

3.二次元地盤定常浸透流有限要素法解析技術

SEEPAGE2Dプログラム

技術内容

三次元地盤中の定常的に浸透する地下水現象解析プログラムを改良。
ダルシー則に従って地下水が二次元地盤中を定常的に浸透する地下水現象解析プログラムの開発。

  • 解析手法
    二次元場での支配方程式を偏微分方程式で表す。
    単位時間あたりの流量をそれぞれ与える。
    重みつき残差法を適用して有限要素で離散化する。
    要素剛性マトリックスというように弾性解析にならって同様の表現をした。
    反復法の一種であるICCG法(Incomplete Cholesky Conjugate Gradient Method; 不完全コレスキー分解前処理付き共役勾配法)を連立方程式のソルバーとして採用した。
PAGETOP
Copyright © 2017 株式会社アイエステー All Rights Reserved.